顧客アドバイザーの仕事内容

もしあなたがとてもおしゃべりな人なら、どのような仕事が向いているのか知るのは難しいかもしれません。しかし実際のところ、もしあなたが顧客アドバイザーなら、喋れば喋るほど良いのです!
常におしゃべりで、そのおしゃべりを生かして人々を助ける仕事がしたいと思うのなら、顧客アドバイザーはぴったりでしょう。

では、実際にどのようなことをするのでしょうか?
アドバイザーは顧客が製品について困惑したり迷ったり、何か一般的な情報が必要な場合に手助けする仕事です。
さらに
・会社の宣伝に寄与する
・顧客にあったサービスを知らせる
・興味のありそうな製品を勧める
・必要に応じて上司に取り継ぐ
などの仕事があります。
日々様々な顧客と関わり、一般的な要望から不満までを扱います。その対応は、どの産業に従事するかによって、電話の場合もあれば、直接やオンライン上のやり取りとなることもあります。
そして顧客アドバイザーが様々なセクターや労働環境で求められていることから、職場の選択肢は多岐に渡ります。店やホテル、銀行、空港のチェックインなど、あなたの強みに合った産業を選ぶことができます。

さらに詳細は…
仕事の特性上、もしフルタイムの場合は1週間におよそ40時間働くことになるでしょう。もちろんこれは職場によって異なります。
もし融通のきくシフトを探しているのなら、24時間稼働している小売業、空港やホテルがいいでしょう。平日や週末に関わらず、朝のシフトや夜のシフトがあります。
屋内での仕事になるので、会社が支給する制服を着ることが多いです。

金、金、金
他の仕事と同様、給与は役職や雇用主によって変わりますが、顧客アドバイザーは大体年間12,000ポンドから17,000ポンド稼ぎます。
少し経験があれば、その金額は22,000ポンドになり、多くの企業が業績に応じてボーナスやコミッションを支払います。

良い点は…
多くの産業で顧客アドバイザーを必要としているので、仕事のチャンスは多くあり、1つのセクターに飽きたら別のセクターで働くこともできます。

悪い点は…
この仕事はあまり動くことがなく、(立っているか座っている状態で)長時間同じ場所にいることで、顧客はあなたがどこにいるか把握します。
また、すべての顧客が礼儀正しかったりフレンドリーなわけではなく、あなたの忍耐強さを試すような人もいます。怒鳴られたり不満を言われたり、マナーにかけた人々へ対応することへの心の準備をしましょう。

何か学問はありますか?
顧客アドバイザーになる上で学位は必要ありませんが、雇用主の中にはCV上でGCSEを確認し、特に英語と数学の部分をチェックする人もいます。お客様対応の場合はNVQもチェックする場合があります。
雇用主が異なれば、求める人材も異なり、それはどの産業で働きたいかによっても異なります。小売業を希望している場合、職歴や人格が重視され、銀行などの金融業の場合、A LevelやGNVQが重要視されます。どのような資格が必要か知りたい場合は、雇用主に確認するといいでしょう。
資格を持っていませんか?心配しないでください。多くの会社が見習い期間を設けていたり、社内研修によってスキルを学んだりスキルアップの機会を用意しています。
指導法には以下のようなものがあります。
・ロールプレイング
・チーム形成訓練
・製品についてと主なセールスポイントの学習
さらに資格が必要ですか?Learning Zoneで受講コースを探してみてください。

OK、興味があります…でもその仕事は本当に私に合っているのでしょうか?
もしあなたが対人関係に我慢できず、1人でいることを好むのならば、この仕事は向いていません。優れたコミュニケーションスキル(話すだけではなく書くのも)と人と関わることに長けているということが、この仕事の特性上重要になっています。
人々を助けるという熱い思いとともに、良い聞き手になることも必要で、この特性を持ち合わせていないと顧客の要求を理解することはできません。顧客が良い思いをしないだけではなく、将来のビジネスも失うことになります。
その他の便利なスキルと特性は以下の通りです。
・チームで働くことができる
・我慢強い
・プレッシャーをかけられても穏やかでいることができる
・フレンドリーで機転のきく性格
・時間配分がうまい
・広い心を持っている
・不満や困難な状況をうまく扱うことができる
コンピューターのスキルはこの仕事でも役に立ちます。しばしばコンピューターの近くに配置されるので難しい問い合わせにもすぐに対応できるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です