接客業務にはどのようなものがあるでしょうか。

接客業務を仕事としている人は、カスタマーサービス部門、セールス、コールセンター、小売など数多くいます。一般に、アドバイスをしたり、問題を解決したり、不満を扱うことで顧客の手助けをしています。顧客と連絡を取ったり、監督やマネジメント業務をし、顧客満足度の向上に寄与しています。

条件
接客業務は優れたコミュニケーション能力を要し、顧客のニーズを聞き理解する力が必要になります。また、コンピューターや電話のスキルも必要になるかもしれません。アメリカ合衆国労働省労働統計局によると、最低でも英語やビジネス、コンピュータの高校のディプロマが必要だそうです。マネジメントのポジションを目指している人の条件はさらに高くなり、学士や米国カスタマーサービス学会のような組織が認定している資格を保有している必要があります。

カスタマーサービス担当者
カスタマーサービス担当者は製品への質問や製品サポートの要望、購入に関する問題などを扱います。対面や電話で注文を受けたり、アドバイスを提供したりもします。彼らは良い製品とサービスに関する知識、顧客対応の能力を持っています。コールセンター担当者は電話対応のスキルが求められ、素早く効果的な顧客対応をしなければなりません。常にプレッシャーがかかっています。

コールセンターのマネージャー
コールセンターのマネージャーはコールセンターにおけるカスタマーサービスの質の維持において責任を持っています。研修などを通して担当者が質の良いサービスを提供できるようにし、彼らの業務を監視しています。コールセンターのマネージャーはさらに、顧客との良好な関係の構築のために、発信の時間配分などの管理に努めます。

渉外マネージャー
渉外マネージャーは企業の中でも重要な顧客の担当をします。彼らの目標は、顧客1人あたりの支払いを増やし、利益を上げることです。渉外マネージャーは顧客と密接に関わり、彼らのニーズを理解し、購買決定へのアドバイスをします。また、店舗にいるスタッフとも連携し、顧客が高水準のサービスを受けられるようにします。

テクニカルサポートスタッフ
テクニカルサポートスタッフはヘルプデスクで働いています。彼らは会社の製品の使い方について説明し顧客の不満を減らすことによって、顧客と良好な関係を築くことに貢献しています。ヘルプデスクのスタッフは製品の知識やテクニカルスキル、顧客対応能力をしっかり持っている必要があります。

顧客サービス担当者の給与情報(2016)
アメリカ合衆国労働省労働統計局によると、顧客サービス担当者の給与の2016年の中央値は32,300ドルとなっています。下位25%は25,520ドルを稼ぎ、残りの75%はそれ以上をもらっています。下位75%の給与は41,430ドルなので、25%はそれ以上もらっています。2016年には、アメリカで2,784,500人が顧客サービス担当者として雇用されていました。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です